代表ご挨拶



創業27年。変化を恐れず、新しいことへチャレンジし続けます。
経験から得た知恵をもって、行動力を強みに、
これからも事業を創造、展開してまいります。

創業から27年、法人市場開拓に向けた国際電話の代理店事業からスタートした当社は、その後在日フィリピン人向けの通信事業を展開し、今では日本だけでなく、フィリピンでも事業を展開しております。当社は、創業以来、事業機会を見つけ、新たな事業を創造、展開してまいりましたが、率先して新しい市場を開拓する「OPEN DOOR」を企業理念としている現在では、当社グループ全体で、日本・フィリピンそれぞれの国内での通信事業、フィリピンと各国をつなぐ国際通信事業、職業紹介等の在留フィリピン人関連事業及び医療事業に取り組んでおります。

当社グループには、フィリピン法に基づきフィリピン国内で通信事業を行う特権を有する連結子会社InfiniVAN,Inc.があり、同社は、マニラ首都圏地域でインターネット接続サービスを行うほか、マニラ首都圏地域で構築した通信設備は、さらに通信容量を拡大する必要がある通信事業者などに長期で貸し出しております。都市部人口の増加に対して、道路などのインフラストラクチャーの整備が追い付かないのは、新興国共通の問題であり、今後も大きなニーズが見込まれます。

また同社は、2020年1月、3.6-3.8ギガという携帯電話向けの5Gの周波数の割当をうけました。5Gは、遅延が少ない、同時接続数が多いということで、IoTなどの新しい用途が注目されておりますが、規格上は光ファイバーより早い速度で通信できるところに、これまでの無線技術との違いがあります。また遅延がないことや同時に接続できる件数が多いなど、IoTを支える通信基盤になることが期待されております。多くの国では、実用化・収益化はまだこれからでありますが、この通信技術を活用した社会的問題の解決に努めていく所存です。

当社の強みは、ニーズを取り込みつつ、新しいことへチャレンジし、それを実現していく行動力にあります。様々な事業の経験から得た知恵を活かし、これからも、積極的かつ柔軟に、小回りの利く形で事業創造し、日本だけでなく海外でも事業を展開し、発展させ、世界中の皆様がより豊かに暮らしやすい社会の実現に貢献してまいります。
今後とも、皆さまの変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

2020年2月
代表取締役 宮下 幸治