国内通信事業

JP Telecom-slider01
TELECOMMUNICATIONS
IN JAPAN
国内通信
lead_contents
独自の音声通信サービスで、企業の競争力強化に貢献。

いまから30年ほど前、在留外国人向けの国際電話サービスから端を発したIPSの国内通信事業は、時代のニーズに対応しながら進化を遂げ、2012年より法人向けソリューションにシフトしています。現在、登録電気通信事業者としての強みを活かし、独自の音声通信サービスによって、企業のお客様が抱えるコミュニケーションに関する課題を解決し、業務効率化やコスト削減を図っています。

いまから30年ほど前、在留外国人向けの国際電話サービスから端を発したIPSの国内通信事業は、時代のニーズに対応しながら進化を遂げ、2012年より法人向けソリューションにシフトしています。現在、登録電気通信事業者としての強みを活かし、独自の音声通信サービスによって、企業のお客様が抱えるコミュニケーションに関する課題を解決し、業務効率化やコスト削減を図っています。

いまから30年ほど前、在留外国人向けの国際電話サービスから端を発したIPSの国内通信事業は、時代のニーズに対応しながら進化を遂げ、2012年より法人向けソリューションにシフトしています。現在、登録電気通信事業者としての強みを活かし、独自の音声通信サービスによって、企業のお客様が抱えるコミュニケーションに関する課題を解決し、業務効率化やコスト削減を図っています。