フィリピン事業視察旅行レポート

フィリピン事業視察旅行レポート

7月20日から7月22日まで、株主・証券関係者等の皆様をフィリピンへご招待し、当社事業を視察して頂く、フィリピン事業視察旅行を実施いたしました。各日の様子など、写真でご紹介致します。

7月20日【1日目】

総勢201名様の参加者が成田空港・羽田空港・関西空港・中部空港・福岡空港等からフィリピンへ離陸。フィリピンまでは約4時間半のフライトです。宿泊先はマカティの歴史あるペニンシュラホテルです。専用会場でチェックインした後は小休憩。夕方は軽食・ドリンク付きのウェルカムパーティを開催いたしました。リラックスして頂くことが目的のウェルカムパーティでは、会場入口でレイをかけてお出迎え、民族舞踊のパフォーマンスなどをお楽しみ頂きました。


7月21日【2日目】

午前中はホテルで朝食をおとりいただいた後、IPSグループの関連施設見学ツアーに参加いただきました。InfiniVAN, KEYSQUAREやSHINAGAWAマカティ院とSHINAGAWA第3院目が開院するビルが建つ、ボニファシオ・グローバル・シティ及び工事現場などをご覧いただきました。
午後は、ホテルでランチをお楽しみ頂いた後、セミナーを開催。セミナーでは弊社代表宮下のフィリピン通信事業戦略プレゼンテーションとゲストスピーカーによるスピーチが行われました。Q&Aも活発に行われ、参加者とスピーカーとのインタラクティブなセミナーとなりました。

7月22日【3日目】

帰国日です。朝はホテルで朝食をおとりいただいた後、マニラ旧市街の視察へ。
リサール公園、サンチャゴ要塞、サンアングスチン教会、アジア最大のモール・オブ・アジアなど有名観光地をめぐり、午後は各空港へ向かいました。


モール・オブ・アジアで小休止した後は、空港へ向かい、帰国の途に就きました。
フィリピン事業視察旅行にご参加頂き、ありがとうございました。

視察旅行に関するご質問は、下記のフォームよりお問合せください。
https://ipsism.co.jp/ir/inquiry/