2017年10月29日【在日外国人向けジョブフェア】レポート

2017年10月29日【在日外国人向けジョブフェア】レポート

2017年10月29日、IPS主催の在日外国人向けジョブフェアが行われました。
今回は前回同様、秋葉原から徒歩2分の秋葉原UDXカンファレンスをお借りしての開催です。秋葉原という立地は、アクセスが良く、参加企業様はもちろん、来場者様にもご好評を頂いております。
参加企業様は大手ファーストフード店様を初め、介護業界、ビルメンテナンス、警備、食品製造、飲食業界、自動車部品工場など、様々な業界の企業9社様にご参加頂きました。

企業の皆様にはご出展頂き誠にありがとうございました。
また、求職者の皆様にもご参加頂き、御礼申しあげます。

バラエティ溢れる企業様の出展に、来場者数への期待も高まる中、なんと当日は台風直撃間近という最悪の天候。IPSスタッフや企業様の間にも『来場者はあまり期待できないかも…』という諦めムードが一旦は漂いましたが、フタを空けてみれば、豪雨にも関わらず、264名が集まる盛況ぶりとなりました!
来場者様は、在留フィリピン人求職者に加え、留学生など、多国籍の方々が多く来場されました。特に最近は留学生の方々の参加が目立つようになり、熱心に企業様の話に耳を傾ける姿が多く見受けられました。

以下、参加企業様の良かった点や改善点など、ご意見やご感想を抜粋してご紹介いたします。
皆様のご意見は今後のサービス向上に役立てたいと存じます。貴重なご意見をありがとうございました。

<良かった点>
●悪天候にも関わらず、来場者が多かった。
●多くの方に来て頂き、大変有意義でした。
●約3時間30分、ずっと説明(面接)が続き、断ち切れなかった。
●来場してからも各ブースを廻る仕組みが構築されている。
<改善点>
●エントリーシートの精度が低い。
●エントリーシートに各ブースで聞いている共通項目があれば、追加して欲しい。(日本在住年数、勤務希望条件等)
●来場者が弊社のニーズと合わなかったが、現状が理解できた。

また、今後出展される企業様にもご参考になるようなご意見も頂いております。
●具体的な作業道具を持参するなど、もう少し仕事を分かりやすくするツールを準備すれば良かった。
●ブースの面接スタッフの数が足りなかった。
今回ご出展頂きました企業様には、さらに弊社の在日フィリピン人向け新聞『Pinoy Gazette』へ求人広告を掲載させて頂き、こちらをご覧になった求職者からの応募についても選考を続けて頂きます。
ジョブフェアとウェブ・新聞では求職者の層が異なっております。ジョブフェアで登録者が振るわなかった企業様でもウェブや新聞で求人のチャンスを持って頂けることも『ジョブフェアパッケージ』のメリットです。
ジョブフェアと求人広告の運用方法がよく分からない、効果的な出稿方法を教えて欲しいなど、様々な疑問点にもお答えいたします。お気軽にお尋ねください。

次回のジョブフェアは、2018年3月18日(日)『秋葉原UDXカンファレンス』で開催を予定しております。

詳細は下記のリンクをクリックして下さい。
2018年3月18日 『秋葉原UDXカンファレンス』 4F 13:00~17:00(16:30最終受付)